メニューをスキップします

玉城町

だれもが安心して、元気に暮らせるまち ふるさと玉城

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大

色変更

ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療 > 健康 > 予防接種

予防接種

予防接種について

接種を受ける前には、予防接種の必要性や注意点、副反応など正しい知識を持ってから受けるようにしましょう。

<乳幼児・児童>

  予防接種の種類 対象年齢
予防接種法に基づく定期予防接種 BCG 生後1歳未満(接種が望ましい年齢は生後5ヵ月から8ヵ月)
四種混合
(DPT+不活化ポリオ)
(1期)3ヵ月から90ヵ月未満
DT二種混合 (2期)11歳から13歳未満
麻しん風しん(MR) (1期)1歳から2歳未満
(2期)小学校就学前の1年間にある方
日本脳炎 (1期)6ヵ月から90ヵ月未満
(接種が望ましい年齢は3歳から4歳です。)
(2期)9歳から13歳未満
※平成7年4月2日から平成19年4月1日生まれの方は、1期・2期ともに未接種分が20歳未満まで接種可能です。
ヒブ・小児用肺炎球菌 2ヵ月から5歳未満
ヒトパピローマウイルス感染症(子宮頸がん予防)

小学校6年生から高校1年生相当の女子

(接種が望ましい年齢は中学1年生相当です。)

水痘 1歳から3歳未満
B型肝炎 生後1歳未満(接種が望ましい年齢は生後2ヵ月から8ヵ月)

 

  • 実施期間 通年
  • 実施医療機関 「乳幼児児童用予防接種実施医療機関一覧表PDFファイル(100KB)
  • 料金 無料(玉城町に住所がある方で対象年齢内の接種に限ります。)
  • 申込み方法 事前に医療機関へ電話等で予約をしてください。
  • 持ち物
    1.予診票(出生届時にお渡ししています。)
    2.母子健康手帳(接種歴の確認及び接種記録を記入しますので忘れずにお持ち下さい
    3.健康保険証

水痘予防接種について

予防接種法の改正により、平成26年10月1日から水痘ワクチンが定期接種になりました。これに伴い、水痘ワクチン接種費用の助成事業は終了しました。

ヒトパピローマウイルス感染症(子宮頸がん予防)・ヒブ・小児用肺炎球菌予防接種の定期予防接種化およびヒトパピローマウイルス感染症(子宮頸がん予防)の積極的勧奨の差し控えについて

予防接種法の一部が改正され、それまで子宮頸がん等ワクチン接種緊急促進事業(助成のある任意接種)として実施していました「ヒトパピローマウイルス感染症(子宮頸がん予防)・ヒブ・小児用肺炎球菌ワクチン接種」が、平成25年4月1日から予防接種法に基づく定期予防接種になりました。
平成25年6月から、ワクチンとの因果関係は不明ながら、持続的な痛みを訴える重篤な副反応が報告されていることから、副反応の発生頻度等がより明らかになり、適切な情報提供ができるまでの間、積極的にはお勧めしないことになりました。希望者は定期接種として接種を受けることは可能です。その際は、ワクチンの有効性と接種による副反応が起こるリスクを十分に理解した上で、接種してください。

日本脳炎予防接種について

平成17年度から21年度の間に積極的勧奨の差し控えのため日本脳炎予防接種の機会を逃した方への接種時期が緩和されました。平成7年4月2日~平成19年4月1日生まれの方は、20歳未満までの間、日本脳炎の定期予防接種ができます。
接種を希望する人で、予診票のない方は母子健康手帳を持って保健福祉会館へお越しください。

麻しん風しん(MR)2期について

麻しん風しん(MR)第2期の接種対象者は、5~7歳未満でかつ小学校就学前の1年間となります。

 

予防接種県外接種費用助成制度について

子どもの定期予防接種を「三重県外」で受ける方へ

予防接種を県外で受ける場合、その費用を助成します。(限度額あり)

  • 対象者 接種する日に玉城町に住民票があり、「三重県外」で定期予防接種を受ける方
  • 助成金額 玉城町の予防接種単価と予防接種に要した費用のいずれか低い方
  • 助成申請期限 接種日から6か月以内

手続き方法

1.滞在先の市区町村予防接種担当部署に、玉城町に住民票があり滞在先の市区町村で予防接種を受けたいと伝え、以下の事項について確認してください。

  • 希望する定期予防接種は、希望する医療機関で接種が可能か。
  • 依頼書の宛先は「市区町村の長」か「医療機関の長」か。
  • 保護者から渡す依頼書の提出先は「滞在先の市区町村」か「医療機関」か。
  • 接種についての自己負担の有無。

2.「予防接種実施依頼書交付申請書」に記入し、玉城町保健福祉会館へ申請します。
(「予防接種実施依頼書交付申請書ワードファイル(26KB)」)
3.玉城町が「予防接種実施依頼書」を作成し、保護者へ郵送します(申請から依頼書交付まで1~2週間程かかります)。
4.滞在先の医療機関に、玉城町の住民であることを伝えて予約をし、「予防接種実施依頼書」・母子健康手帳・予防接種予診票(玉城町のもの)を持って、予防接種を受けてください。
※「予防接種実施依頼書」の提出先は、滞在先の自治体となる場合もあります。
5.玉城町保健福祉会館へ助成金の申請をしてください。審査の上、申請された口座へ振り込まれます。
【必要書類】

<お問い合わせ・申請場所>
玉城町保健福祉会館 生活福祉課 (58)8000
〒519-0433 玉城町勝田4876-1

 

予防接種費用の助成を受けたい時

予防接種の種類

対象者

 助成内容

ロタウイルス

ロタリックス

(2回接種ワクチン)

生後6週から24週までの乳児

助成金額:(ロタリックス)1回につき1,500円

(ロタテック)1回につき1,000円

申請期限:接種した日から6か月以内

申請に必要なもの:申請書、母子健康手帳、領収書(原本)、印鑑等

ロタテック(3回接種ワクチン)

生後6週から32週までの乳児

おたふく

満1歳から未就学児

助成金額:1回につき2,000円
申請期限:接種した日から6か月以内
申請に必要なもの:申請書、母子健康手帳、
             領収書(原本)、印鑑等

インフルエンザ

満1歳から中学3年生

助成金額:1回につき500円
申請期限:2月末日まで
申請に必要なもの:申請書、母子健康手帳、
             領収書(原本)、印鑑等

風しん

(1)妊娠を予定または希望している女性

(2)妊婦の夫、妊婦と同居している家族

(妊婦本人が風しんに感染しないとされている抗体価(32倍以上)を有している場合は対象外)

助成金額:1回につき5,000円
申請期限:接種した日から6か月以内
申請に必要なもの:

(1)の場合…領収書(原本)、 印鑑等

(2)の場合…母子健康手帳、妊婦一般健康診査結果票(1回目)、領収書(原本)、印鑑等

 

高齢者インフルエンザ予防接種について

高齢者用肺炎球菌予防接種について

平成26年10月1日から、高齢者用肺炎球菌ワクチンが定期予防接種となりました。
実施期間と対象者は以下のとおりです。

  • 実施期間 平成30年4月1日~平成31年3月31日
  • 対象者 過去に「ニューモバックスNP肺炎球菌ワクチン」を接種していない方で、接種日において玉城町に住民登録があり、次の(1)(2)のいずれかに該当する方

(1)下記の表に該当する方

対象年齢

(年度末年齢)

対象となる生年月日

65歳

昭和28年4月2日~昭和29年4月1日生

70歳

昭和23年4月2日~昭和24年4月1日生

75歳

昭和18年4月2日~昭和19年4月1日生

80歳

昭和13年4月2日~昭和14年4月1日生

85歳

昭和 8年4月2日~昭和 9年4月1日生

90歳

昭和 3年4月2日~昭和 4年4月1日生

95歳

大正12年4月2日~大正13年4月1日生

100歳

大正 7年4月2日~大正 8年4月1日生

 

(2)60歳~65歳未満で心臓・腎臓・呼吸器の機能又はヒト免疫不全ウイルスにより免疫機能に身体障がい者手帳1級程度の障がいがある方。

接種時の持ち物 接種券(対象者へ送付済)

  • 接種料金(3,000円)
  • 健康保険証
  • 健康手帳(お持ちの方)

実施医療機関

高齢者用肺炎球菌予防接種実施医療機関一覧表PDFファイル(98KB)


※過去にニューモバックスNP(23価肺炎球菌莢膜ポリサッカライドワクチン)という名前の「肺炎球菌ワクチン」を接種されている方は対象となりません。
※接種費用の助成が受けられるのは、当該年度のみです。

お問い合わせ

保健福祉会館

電話:0596-58-8000

この情報はお役に立ちましたか?

より良いホームページにするために皆様のご意見をお聞かせください。

質問:このページの情報は役に立ちましたか。

質問:このページは見つけやすかったですか。

質問:このページの内容はわかりやすかったですか。

このページをプリントします

ページの先頭へ