メニューをスキップします

玉城町

だれもが安心して、元気に暮らせるまち ふるさと玉城

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大

色変更

ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療 > 健康 > 〔新型コロナウイルス〕ワクチン接種についてのお知らせ

〔新型コロナウイルス〕ワクチン接種についてのお知らせ

【更新日 令和3年9月16日】
 
現在、新型コロナウイルス感染症のワクチン開発が国内外で行われています。
玉城町では、ワクチンが準備された際、接種を希望される町民の皆様にできるだけ速やかに安心して接種していただけるよう体制や相談窓口を設置しワクチン接種を進めています。
 

接種が受けられる場所

集団接種で行います。
※現在個別接種は実施していません。
 

集団接種会場

 

接種時期

●新型コロナウイルスワクチン接種の予約について
9月18日(土)14時、14時30分、15時からの玉城病院での接種枠を追加しました。
接種の予約は電話(58-0567)またはインターネットにて予約していただきますようお願いします。
 

接種予約について

ファイザー社の新型コロナワクチンでは、海外の臨床試験結果を踏まえ、令和3年6月1日より、当初16歳以上であった接種対象年齢を12歳以上に引き下げ、対象者が拡大されました。
接種対象は、接種の日に満12歳以上の方ですので、12歳に満たない方はファイザー社の新型コロナワクチンの接種対象にはなりません。
現在9月11日までに12歳の誕生日を迎える方から15歳までの方に接種券を送付しています。
接種は誕生日を迎えて12歳以上になってからとなりますのでご注意ください。
9月12日から令和4年2月7日までに12歳の誕生日を迎える方の接種については、国からのワクチンの供給等を勘案し、接種日程を調整します。
令和4年2月7日までに12歳の誕生日を迎える方の接種日程については地域共生室または予約・相談センターにてご確認をお願いします。
10月1日以降誕生日を迎える方には順次接種券を送付します。
なお、令和4年2月7日以降に12歳になる方は国の指針により現段階では対象となりませんのでご了承ください。
 

接種スケジュールについて

  • 現在9月18日以降の接種予定は未定です。
 

気象警報等発表時のワクチン接種の中止対応について

 

接種予約方法

4月1日より相談・予約センターを開設しました。(TEL:58-0567)
接種の予約は密を避けるため電話、インターネットなどでの事前予約とします。
電話で予約
玉城町新型コロナウイルスワクチン接種予約・相談センター
【受付時間】平日9:00~17;00 ※祝日を除く
TEL:0596-58-0567
※おかけ間違いのないようご注意ください。
手順
  1. 同封の接種券をお手元に準備する
  2. 上記番号に電話する
Webで予約
(24時間受付) 
手順
  1. 同封の接種券をお手元に準備する
  2. ワクチン接種予約ページへアクセスする 
LINEで予約
(24時間受付)

玉城町公式アカウントQRコード

QR

手順

  1. 同封の接種券をお手元に準備する         
  2. LINEで「玉城町」を検索して友だち追加
  3. メニュー画面下の接種予約をタップ

上記のWeb予約と同様の手順で登録、予約

 

対象者

原則として、接種日において玉城町に住民登録のある方
ただし、例外として長期間入所している等、やむを得ない事情がある場合には、一定の手続きにより、住所地外で接種を受けていただくことができます。
 

接種を受ける際の順位

ワクチンの供給は、徐々に行われることになるため、現時点では、次のような順でワクチン接種を受けていただく予定となっています。
  1. 医療従事者等
  2. 高齢者(令和3年度中に65歳に達する、昭和32年4月1日以前に生まれた方)
  3. 基礎疾患を有する方
  4. 上記以外の方
※上記以外の方はワクチンの供給量や地域の実情等を踏まえ、順次接種を受けていただきます。
 

接種費用

無料
 

接種回数

一定の間隔(約3週間)を空けて、1人2回の接種となります。
 

接種当日に持参が必要なもの

接種日当日にお持ちいただくものPDFファイル(306KB)
 

接種を受ける際の同意の取得

予防接種を受ける方には、予防接種による感染症予防の効果と副反応のリスクの双方について理解した上で、最終的には個人の判断で接種を受けていただきます。受ける方の同意なく、接種が行われることはありません。
 

接種券の再発行について

接種券の再発行についてはこちら
接種券再発行申請書ワードファイル(27KB)
 

新型コロナウイルスワクチン接種証明書の発行について

新型コロナウイルスワクチン接種証明書の発行についてはこちら
 

余剰ワクチンの取り扱いについて

集団接種会場では、ごく少数ながらワクチンの余剰が発生する場合があり、毎日の接種時間の終了間際に発生が確定します。ワクチンの余りが発生した場合には、その時点での連絡で接種会場に来場できる人を予め登録し、接種することで、貴重なワクチンを無駄にしないよう努めています。
現在、「余りワクチン」が発生した場合は、町内の医療従事者はもとより集団接種会場の医療従事者や会場スタッフ及び町内の高齢者施設に勤務する職員等に対して優先的に接種を行っていますが、さらに、障害者施設、保育施設や児童施設など障害を持つ人や子どもなどと接する機会の多い職員やスタッフを接種の対象とします。
 

接種対象者

  • ワクチン接種会場の業務従事者
  • 福祉施設・事業所職員等
  • 保育所・学校職員
  • 役場職員
 

接種を受けた後に副反応が起きた場合の健康被害救済制度

新型コロナウイルスワクチン接種後に健康被害が生じた場合には、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金等の給付)が受けられます。
 
ワクチン接種をかたる不審電話にご注意ください。
新型コロナウイルスに係るワクチン接種のために必要とかたり、金銭や個人情報を騙しとろうとする電話に関する相談が、消費生活センターに寄せられています。
町などの行政機関等が、ワクチン接種のために金銭や個人情報を電話で求めることはありませんのでご注意ください。
 
※新型コロナウイルスワクチンに関する詳細は、厚生労働省のホームページをご確認ください。
関連リンク

お問い合わせ

保健福祉課

電話:0596-58-8203

玉城町新型コロナウイルスワクチン接種予約・相談センター

電話:0596-58-0567

この情報はお役に立ちましたか?

より良いホームページにするために皆様のご意見をお聞かせください。

質問:このページの情報は役に立ちましたか。

質問:このページは見つけやすかったですか。

質問:このページの内容はわかりやすかったですか。

このページをプリントします

ページの先頭へ