メニューをスキップします

ホーム > 入札 > 入札

犬を飼うとき

登録と狂犬病予防注射

生後3カ月以上の犬を飼っている方は、1頭につき、生涯1回の登録をしてください。また、毎年1回必ず狂犬病予防注射を受けなければなりません。

毎年、町内を巡回して集合注射を実施していますが、受けられなかったときは獣医科医院で注射を受けてください。
なお、市外獣医院で接種済の場合は、証明書及び手数料を持参の上、生活福祉課にて予防注射済票の交付申請手続きを行ってください。

1頭につき 蓄犬登録手数料 3,000円、狂犬病予防注射済票交付手数料 550円

なぜ狂犬病の予防注射が必要なの?PDFファイル(127KB)

 

飼い主の責任において

  1. 飼い犬は可能な限り終生飼養してください。
  2. 飼養できなくなった場合は、自らの責任において新たな飼い主を見つけるなど、飼養を受ける機会を与えてください。
  3. 子犬などができても飼えない場合は、あらかじめ避妊等必要な措置をしてください。不妊手術等、助成金の制度があります。

 

犬猫不妊手術助成金

町では、捨て犬、捨て猫を防止し、適正に飼育されることを目的に、犬又は猫の不妊手術に要する経費を助成しています。

犬(雄) 1,500円
犬(雌) 3,000円
猫(雄) 1,500円
猫(雌) 2,000円

 

 犬の登録・変更・死亡など

以下の場合、生活福祉課にて手続きを行ってください。

  • 飼い犬が死亡した時(電話受付可能)
  • 飼い主の住所、氏名に変更があった時
  • 飼い主が変わった時

お問い合わせ

生活福祉課

電話:0596-58-8203

このページをプリントします

ページの先頭へ